スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
野球狂の詩(現実版)
来春から始まる関西独立リーグ(プロ)に現役女子高生がドラフトで指名されたそうです。厚木と同じ神奈川県の川崎市の女子高生!いや~面白い時代になりました。漫画の世界が現実化するのは凄い事。左右は違いますが、アンダースローということで全く一緒。魔球ナックルボーラーということで、これもほぼ一緒。ドリームボールです。そうです、水原勇気です。。あ、わかりませんか?水島新司先生の「野球狂の詩」の主人公?(岩田鉄五郎とゴリもそうだけど)です。左アンダースローの押さえピッチャーです。漫画ですけど。そう考えると絶頂期の水島野球漫画はそうとう先行く物語が展開されてました。夢があったです。しつこいようですが、ヤンキース松井秀喜が甲子園で5打席連続で敬遠されましたが、史上初はドカベン山田太郎です。(気持ち悪いですか?)江川学院の中(あたる)が怪我のため山田を抑えられないと判断して5打席敬遠しました。ちなみに満塁でも敬遠する徹底ぶり。水島さんの漫画は「野球っていろいろな点の取り方があるんだなぁ」て関心します。(今はあまり面白くないけど)
そんなわけで「野球狂」を読めば、女子高生ピッチャーの攻略法がしっかり描かれております。
あとは「ストッパー」の三原心平が現実にでてくれば嬉しいな。球団オーナー、抑えピッチャー、一番センターをすべてこなす人です。わりとイチローに近いですが。。。。
スポンサーサイト
[2008/11/18 10:59 ] | 支配人のつぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
<<今日は真冬??? | ホーム | 冬のはじまり。。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。